生レバーまで・・・!!

厚生労働省は30日、生食用の牛レバー(肝臓)の販売を食品衛生法で禁止する方針を固めました・・・。

早ければ、今年の6月から、焼肉店で生レバーを食べることが出来なくなりそうです・・・。

僕は子供の頃から焼き肉が大好きで、家族で外食と言ったら食道園で焼き肉というのが一番の楽しみでした!!

子供の僕は一口しかもらえずなかったユッケや生レバー、子供心に大人たちが鵜ややましかったのを覚えております!!(笑)

そう、僕にとって大人になりたかった最大の目的は、思い存分ユッケや生レバーを食べることだったのです!!(笑)

そんな大人のハッピーライフも、もはやこれまで・・・(笑)
6月までの賞味期限となりました・・・。

無くなられた方がいるのは確かですし、危険があることも承知しておりますが、事件の経過を見ていると、それは食文化の問題というより、そのお店に問題があったように思います。

実際、生レバーによる食中毒は、年間10件程発生しておりますが、食中毒全体の約1パーセントにすぎず、生レバーを禁止するならば、生ガキもお刺身も生卵も全て食べることが出来なくなります。

事件があったからこそ、生レバー禁止がニュースになりますが、生ガキ禁止や、卵かけご飯禁止が同時に行われたら、おかしいと感じますよね!!
でも危険度はそう変わらないのです!!



およそ食べ物から完全にリスクを取り除くのは難しい。魚の刺し身も生卵も、食べる、食べないは、突きつめれば個人の判断だ。食文化というものは、そうした微妙な均衡のもとに育まれてきた。

 そこに「お上」が乗り込んでメニューそのものをご法度にするとは、ほかの分野での過剰規制にも増して愚かしい対応と言わざるを得ない。へたをすれば「闇レバ刺し」がはびこることになる。

 抵抗力の弱い子どもや高齢者には肉や魚の生食をさせない。ルールを守らない事業者は個々に処分する。禁止令の前に、やることがあろう。危険を見分ける消費者の自覚ももちろん大切である。

(以上、日経新聞より抜粋)



僕にはこの日経新聞の意見は至極真っ当に思えます。

食肉業界も安全に生レバーを提供するための方法を模索しているそうで、今はそれに期待するしかありません。

僕のわがままなのは充分承知しておりますが、自己責任で良いので、なんとか道を残して欲しいものです!!

d0241407_11384779.jpg

by yosshu0715 | 2012-04-04 12:07 | 思うこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://yosshu.exblog.jp/tb/15671634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ブロンプトンですっきり散髪ポタ... 自転車置場、増えてますねー‼ >>